株式会社ソーケンアービック

Home > 住居・家屋 > 株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城の注文住宅は 自然素材と外断熱の株式会社ソーケンアービック

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉・茨城の注文住宅を自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

私の実家は山形県ですが、高校を卒業してから上京し、そのまま東京の会社に就職しました。その東京の会社で出会った男性と結婚し、その数年後に千葉県にある支社で夫がこれからずっと働くことが決まりました。そのためこれをきっかけに、千葉県に理想の注文住宅を建築しようという話になりました。 私は幼いころからずっと、非常に寒い東北地方で生活してきました。冬には極寒となり、寒さに震えていた経験から、一年中温かみのある家に住みたいと考えていました。私の提案に夫も同意してくれて、いろいろと考えた結果、自然エネルギーを取り入れた、ぬくもりのある家を建築することを決めました。 夫の姉が埼玉県で注文住宅を建てたのですが、その家もやはり自然エネルギーを取り入れた住宅でした。でもあこがれだったので、依頼した建築業者を聞いたところ、私たちの希望する千葉県でも建設が可能となっていました。そこでこの業者に私たちも依頼することを決めたのです。 最初の打ち合わせで、私たちは様々な要望を伝えましたが、それぞれに一番よい方法を提案してもらえました。その中で予算に応じて、打ち合わせを重ね、理想に近づけていきました。 完成した住宅は、冬でも暖かく、とても気に入っています。これからこの家で、子育てをしていくことも、大きな夢のひとつとなりました。

注目キーワード

賃貸住宅
賃貸借の契約に基づき、他人に貸し出すことを目的とした居住用建物の総称。 形態はアパート、マンション、貸家(一戸建ての賃貸住宅)と様々である。 [http://b.hatena.ne.jp/articles/201102/2276:detail] [http://...
住宅ローン
住宅用のための土地・建物の取得や、リフォームのために、資金を借りること。 住宅金融公庫などが有名。 ゆとり返済、元利均等、元金均等など、さまざまな形態があり、期間は長期に及ぶものだと、35年にもなる。 ...