ALFフランス語学校

Home > 学び > ALFフランス語学校

ALFフランス語学校|東京都内で学ぶフランス語会話・文法の教室

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都内でフランス語会話・文法を学ぶなら、ALFフランス語学校。都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分、JR京浜東北線・山手線 浜松町駅から徒歩4分。一人ひとりのニーズに合わせたレッスン形式でフランス語がしっかりと身に付きます。

かっこいいイメージにひかれてフランス語を勉強してみましたが、テレビやラジオ、独学ではどうしても限界がありました。わからないときに相談する相手もおらず、孤独な学習ではモチベーションも下がる一方でした。 そこでALFフランス語学校のレッスンを受講してみました。私は初心者に毛が生えたようなレベルだったので、入門者(A1)のグループレッスンに申し込みました。5人以下のクラス編成で、私のクラスは私も入れて、4人の生徒が毎週集まりました。同じレベルから学び始めたので、仲間意識も芽生え、お互いに負けたくないという思いも手伝って、自分でもびっくりするくらいに予習復習を欠かさずレッスンに臨むことができました。切磋琢磨したおかげで、私も含め、4人とも講師の先生に褒められるほどの上達ができたと自負しています。 学校ではイベントも行われており、アペロというカジュアルな飲み会が非常に楽しいです。特にテーマや企画があるわけではなく、気軽に集まって食事をしながらフランス語を使うというのはとても実践的で、刺激的でした。プライベートな集まりにしてしまうと日本語で話してしまいがちですが、学校のイベントなので、みんなフランス語を必死で話していて面白かったです。

注目キーワード

フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......
フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。