浪貝畳店

Home > 暮らし > 浪貝畳店

世田谷区の畳張替えなら浪貝畳店|畳の新調、リフォームなどもご相談下さい

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

世田谷区で20年ほど前に以前から理想としていた洋風の家をたてましたが、日本人なので和室が1室あったほうがいいと考え、一階の東向きの部屋を和室にすることにしました。普段は使用していませんが、雨戸をあけて風通しをすると太陽の光が差し込むので、いつのまにか太陽があたる部分が色褪せてしまいました。色褪せた部分があると見た目も良くありませんし、ペットを飼い始めたのでペットも安心できる畳張替えをしたいと考えるようになりました。そこで世田谷区のある畳張替えを行っているお店に相談したところ、ペット用の畳があることを教えてもらいました。ビニール素材になっているので、ペットが汚れた足で歩いても汚れをとりやすく、見た目もすぐにビニールとはわからないくらい綺麗だと感じました。見積もりをしてもらい、料金にも納得したのでビニール畳に畳張替えをしてもらうことにしました。作業そのものは半日程度で終わったので、効率よく作業をしてもらえたと感じました。今までの畳を剥がして、床下を綺麗に掃除してもらってから、新しい畳張替えをしてもらいました。新築のような美しい状態になりましたし、ペット用畳なのでペットも喜んで畳の上を飛び跳ねています。

注目キーワード

四畳半
六畳と並んで日本の家屋を代表する部屋の間取り -ときわ荘は四畳半一間で それでも当時両国森下の二畳の部屋から移ってきた 藤子不二雄の二人には四畳半がとても広く感じられた
四畳半神話大系
-森見登美彦による長篇小説第2作。2004年12月((奥付は2005年1月5日))に出版された。 -2010年、TVアニメ化。フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送。 asin:4872339061:detail asin:404387801X:detail