mormor

Home > サービス事業 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

これまで、何回も色んな会社のベビーシッターサービスを利用したことがありますが、その中でもここが一番良かったです。女性が働くことで、ベビーシッター不足が生じているのか、サービスが悪くても我慢して利用するというのが一般的な中で、このベビーシッターサービスは、本当に子供好きな方々が、きちんと研修を受けてプロとしていらしてくれるので安心です。東京にあるベビーシッター会社の多くは、家事代行などをしながらベビーシッターをするので、子供の相手をするよりも、家事などのすることに追われて、子供の面倒を見るのは二の次というケースばかりですが、ここはそのように兼務させることがなく本当に子供だけと向き合ってくれるので親としては安心して我が子を授けることができます。また、子育ての勉強にもなるので、自分が不在にする時だけでなく、子育てで悩んだ時などにも利用させていただき、助けてもらっています。明朗会計で、予定以上のものを請求されることがないので安心して利用し続けることができます。他の会社では休日などは割り増し料金になりますが、ここはそれがないのも嬉しい点です。子供もシッターさんと遊んでもらうのを楽しみにしているので、これからもお願いしたいです。

注目キーワード

赤ちゃん泥棒
Raising Arizona/1987年 asin:B0007WZTRK:detail
赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。