豊栄建設株式会社

Home > 住居・家屋 > 豊栄建設株式会社

注文住宅を札幌で注文するなら北海道のハウスメーカー豊栄建設株式会社

不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

注文住宅を札幌市など北海道・宮城県で建てるなら豊栄建設株式会社。自由設計の住まいで、自分らしさを表現する家づくりをご提案いたします。

札幌に住む両親の家が古くなり、両親とも体が弱ってきていたので心配でした。どこか施設に入ることも検討したのですが、住み慣れた土地で暮らしたいという両親のたっての願いをかなえるために札幌で注文住宅を手掛ける会社に依頼することにしました。 母の方が足が悪く、段差のある家難しいことから平屋でバリアフリーの間取りにしてもらい、将来的には車いすでも安心して暮らせる家にしてほしいとお願いしました。 バリアフリーの住宅というのは決して珍しいものではないのですが、こちらの希望を汲み取っていろいろなアイデアを出してくれたことにとても驚きました。もちろんプロならではの豊富な知識のなせる技なのですが、どうしてここまで使う人の身になって考えられるのかと感激してしまったほどの様々な工夫がきめ細かく施された住宅が完成し、とてもとても満足しています。 これから先両親が安心して長く住み続けるための家を札幌に注文住宅で建てようと決めた時、正直迷いもありました。でも、ここまで使い勝手の良いアイデアの詰まった家が実現するとは思いもよらず、思い切って注文住宅に決めて本当に良かったと思っています。両親もとても喜んで、最近では以前より元気になったようです。

注目キーワード

不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。
東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...