アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

わたしは、子供の頃からフランスの文化、食生活、映画などにすごい興味を持っていました。そのため、いつかフランスに旅行に行って、色々な観光名所を見て回りたいと感じていました。そして、フランス語を少しでも話せるようになれば、現地の人と話せて楽しめるのではと考えるようになりました。ただフランス語は独特の発音、日本人にはあまり聞き慣れない言葉があるので、習得するのに難しいイメージがあります。とても独学では習得できないので、東京にある語学学校に習いに行く事にしました。 学校では、講師からフランス旅行に備えて、様々なシチュエーションで使える表現を指導してくれました。例えば、初対面の人への挨拶のやり方、自己紹介の方法、レストランでの注文方法、買い物のやり方等です。実際に、ネイティブの先生が正しい発音を徹底的に指導してくれるので、すごく身につきました。 数人の生徒と一緒に授業を受けるのですが、とにかく会話形式で授業が進行するのが印象的でした。フランス語には女性名詞、男性名詞、変化形など複雑なルールがありますが、喋りながら覚えられるので楽しかったです。集中して勉強できたので、実際に現地に旅行に行っても自信を持って喋れそうです。

注目キーワード

フランス語圏
フランス語が通じる圏域。公用語や準公用語にフランス語が設定されている国・地域の総称であり、フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。フランス語の話者を「フランコフォン(francophone)」と、...
ラジオフランス語講座
NHKラジオ第2放送で放送されているフランス語の講座。 放送時間は月曜から土曜の午前7:25〜7:45、再放送が同日の午後1:20〜1:40。 月曜から木曜が入門編で、初級者を対象としつつも、上級者にも役立つ内容と...