京生麩のお店 愛麩

Home > 暮らし > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

名産品の多い京都でご当地グルメを楽しんだ後は、お土産選びに悩んでしまうかもしれません。八つ橋や金平糖などは定番中の定番ですので「今さら」と思われるかもしれませんが、一言で八つ橋と言っても「八つ橋せんべい」「八つ橋ラスク」「生八つ橋フォンデュ」「八ッ橋クランチ」などバラエティに富んでいます。金平糖は雅子様や紀宮様など皇族の引き出物で使用されるので有名ですね。 定番の懐かしい味わいから今風のものまで、見た目も可愛いく日持ちもするのでおみやげにピッタリです。 同じく日持ちがする定番お菓子といえば「蕎麦ぼうろ」。ぼうろは元々カステラや金平糖などとともに海外から伝わった南蛮菓子です。 香り高いそば粉を主原料に、小麦粉、鶏卵、砂糖などを加えて焼き上げた、素朴で懐かしい味わいのお菓子です。派手さはありませんが、長い歴史と伝統が受け継がれている奥深い和菓子で、地元でも人気があります。そば粉には、タンパク質の他にもビタミンやルチンなど多くの有効成分も含まれていて、美容健康食品としても注目されています。一方、それほど日持ちはしませんが「みたらし団子」「豆大福」「わらび餅」なども根強い人気があります。「みたらし団子」は今や全国区に広まっている和菓子ですが、元々は京都のご当地和菓子でした。京都市左京区の下鴨神社が行う「御手洗祭」が語源です。全国どこででも食べられますが、やはり本家本元の味わいは格別ですので、お土産におオススメです。「豆大福」や「わらび餅」も、京都は名店揃いで丁寧に作られたものばかり。並んでも買う価値があります。和のイメージが強い京都ですが、意外にも洋菓子のお土産も人気があります。「宇治抹茶生チョコレート」「京サブレ」「京ばあむ」など、沢山の洋菓子の名品がありますので、洋風の京都土産で知人に喜んでもらうのも楽しいでしょう。甘いものが苦手な人へのお土産には、漬物やおかき、ちりめん山椒、それに京都名物の七味唐辛子などがオススメです。

注目キーワード

日本料理
日本で独自に味付や調理法が発達した料理。一般には「和食」と呼ばれている。日本独自の料理であってもオムライスやハヤシライスなどの日本人の好みに合うように西洋料理をアレンジして生まれた「洋食」と呼ばれてい......
日本料理 龍吟