コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学び > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

社会で働く上で現代最も重要視されるのがコミュニケーション能力であり、なぜこれほどまで重要視をされるかの理由として、現代人のこの能力が低下しているのも理由の一つです。成長をする過程で誰もが人との会話や使い方を自然に学び、やがて大人になって社会で活躍をする日がやってきます。昔は誰もが持っていたはずの柔軟で高いコミュニケーション能力が現代は不足と言われるかですが、インターネットのある環境もその一つです。知りたい情報は検索をかければすぐにヒットをしますし、他人とのコミュニケーションは対面ではなく、SNSがメインという若者も少なくはありません。インターネットを使い会話をするのと、対面で話をしたりするのでは、そこから得られることが違います。日常生活の中で人と必ず接しなくても済むことは多くなっていますし、買い物も言葉の疎通もネットだけで十分ということもしばしばです。何かをするにしても最低限のステップで完結するのは楽ですが、直接自分で言葉を口から出すことなく、会話を交わさないことはコミュニケーション能力の定価にもつながります。家族と一緒に暮らして居ればまだしも、これは一人暮らしであれば本当に会話の機会は乏しくなり、人との会話も対応にも疎くなるばかりです。在宅で一人気楽にフリーランスとして、ネットの世界だけで生きていける仕事ができる日とは限られていますし、実際に社会に出て就職をする時に、人とうまく付き合う能力がなければやってはいけません。また若い世代だけではなく、すでに社会で活躍をするビジネスパーソンであっても同様です。人付き合いや会話のキャッチボールが苦手な人はいますが、トレーニング次第で必要なコミュニケーション能力を身につけていくことはできます。順調な意思疎通ができる能力を得ることができれば、仕事も人間関係も楽しくなりますし、チャレンジをする気持ちも高まるので、人生はさらに向上をするばかりです。

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......